本文へスキップ

おうちを子どもが一番発達する場に てらっこ塾

自己紹介profile

大久保悠プロフィール


てらっこ塾代表
発達援助者
1982年福岡生まれ、函館市在住


おうちを子どもが一番育つ場に変える専門家。


発達に悩みを持つ家庭があれば、全国どこにでも訪問し、お子さんとの実際の関わりを通して
@我が子の発達段階や課題の根っこ、資質を「見るコツ」
A発達のヌケや遅れを育てなおしていくのを「後押しするコツ」
B日々の生活の中で、自然と育っていけるような環境に「整えていくコツ」
をお伝えしている。


2013年開業以来、0歳から50代の大人まで1,000名以上の発達相談を受けた実績がある。


小学校教諭を目指すため、教育大学に入学。在学中、友人から誘われた障害を持った子ども達の放課後のボランティア活動をきっかけに、「どうして障害を持った子ども達には学ぶ機会が少ないのだろう?」「どうして親御さんも、先生も、『卒業後は入所施設へ』と決めているのだろう?」と疑問を持つ。


その答えを見つけるために、障害を持った子も地域で学び、生活できる力がつけられるサービスを起ち上げるために、日本に3か所しかない第二種自閉症児施設に就職。7年間、自閉症や知的障害、強度行動障害を持った子ども達と寝食を共にしたあと、支援学校教諭を経て、2013年、訪問型の発達相談サービス『てらっこ塾』を開業。


開業当初は、重い知的障害を持つ子や不登校、ひきこもりの若者たちからの相談が多かったが、年々、相談者の低年齢化が進み、ここ数年は0歳から10歳くらいまでの発達に課題を持つ子ども達の相談が中心になっている。


「一番長く過ごす家庭がその子の一番発達できる場所になれば、課題が解決できるだけではなく、子どもの未来がより自由で明るいものになる!」との信念で、親子の育ちあいを後押しするために北海道内だけではなく、関東、関西、九州、沖縄まで全国各地を駆け回っている。


【趣味】
マラソン、将棋、野球観戦(燕党30年)


【出版】
『医者が教えてくれない発達障害の治り方@親心に自信を持とう!』花風社/2021
『ポストコロナの発達援助論』花風社/2022





てらっこ塾代表 大久保 悠

北海道函館市在住

TEL
090-4524-0693

e-mail
terakkojyuku@gmail.com


営業時間
9:00〜18:00(不定休)

*営業時間外のご利用の希望はお問 い合わせください。



てらっこ塾公式キャラクター
「うりっこ」


ブログ〜てらっこ塾瓦版



ラジオチャンネル始めました

twitter@terakkojyuku





『医者が教えてくれない発達障害の治り方@親心に自信を持とう!』
(花風社:2021)





『ポストコロナの発達援助論』
(花風社:2022)